Jun's Light

Jun’s Light | the beauty of transience

お知らせ News

2022.2.26Peace, please.

いのちを想う。

No War.
Peace, Please.

2022.2.20ピュアなかたち、「しずく」のキャンドル、再登場

2月も、あと10日を切りました。
今日は、これから非常に強い低気圧が北海道を襲う予定で、明日、学期末テストを控えている娘にとっては、JRとバスが運行してくれるか、不安な日となっています。
これでもまだ降るか…という以上に雪が降り続くこの冬。気持ちは春に目掛けて進むだけ!と言い聞かせて過ごしています。

そんな中、型のメインテナンスが終わり、3年半ぶりに、「しずく」型のキャンドルが製作できるようになりました。
きっかけになったのは、展示会でオーダーしてくださっていたお客様でした。いつも亡くなられたご家族やわんちゃんたちのために、灯りをともして偲ぶ時間を過ごされていらっしゃるのを知り、しばらくお休みをしていた形に、また火が灯ったように感じました。
「Raindrop/しずく」には、いろいろな意味が込められていて、何千年も前から、人の心の形成を司るエッセンスのようにも捉えられています。私の旧姓が実は「雫」だったのもあり、小さい頃からこの言葉と形に慣れ親しんできたので、また戻ってきたのも、自然に感じるのかもしれません。

「しずく」のキャンドルは、カスタムオーダーでもお創りしていきます。詳しくは、こちらからどうぞ。
皆さんの、ピュアな想いをかたちにして、様々なシーンで心を照らしてくれることをイメージして、製作に励んでいきたいと思います。

2022.2.10ミモザの季節

先週末からの大雪は、小樽から札幌の交通網もほぼ遮断状態となりました。
札幌の高校に通う娘も、JRは全面運休、2日間は休まざるを得なく、昨日からは、数少ないバスで何とか学校にたどり着くといった、雪国とはいえ、あまり経験したことのない日々となっています。明日からの三連休、小樽は、「あかり人」がつくる雪あかりの路となります。大々的にはできないものの、街に住む人々が、自然発生的に灯りをともして過ごす真冬の日々は、気持ちがほっこりとなると思います。とはいえ、関東圏の大雪も警報になるかもしれないとのこと、災害のようにならないように、願うばかりです。

今日は、季節を待つ、ミモザのキャンドルを創りました。
優しくて、元気をくれるミモザイエローに火をつけて、皆さんに明るい気持ちになっていただければ嬉しいです。
オンラインショップに、数点ですがアップしましたので、ご興味のある方は、こちらからどうぞ

2022.2.2オンラインショップ更新のお知らせ

本日、オンラインショップを更新いたしました。
今月は、冬灯りのセール品も随時アップしていきますので、お楽しみに!

Jun`s Lightのオンラインショップは、こちらからどうぞ!

2022.2.12月のはじまり


冬も深まってきました。

今日から2月。

これは私だけなのか、あまり敢えて人と話したことがないのでわからないのですが、いつもこの季節になると、仕事の合間に、活字を頻りに追いたくなっていろんな読み物をしたり、日常のお掃除なんかも、なんだか細かいところばかり気になって、使い古した歯ブラシを持ってひたすら磨いてたり、新しいピアノの楽曲を選んで、とにかく練習したくなったり…、が始まります。飲み物の嗜好も、大好きなコーヒーからちょっと離れ始めて、たっぷりミルクを入れたアッサムの紅茶に変わったり、不思議なサイクルになります。理由はわからないけれど、一つ言えるのは、「外」よりも、自分の「内」に籠るような感覚が非常に心地よく、できるなら時間を忘れてそうしていたい感じです。皆さんにも、そんな感じになることがあるのでしょうか…。

この時期ならではの、ゆっくりとした時間の流れに、あまり逆らわずに過ごしていこうと思います。

さて、先月は、創作活動をまたひっそりと始めた感じでしたが、それと並行して、実は初めてエッセイを書いていました。それは、小樽で今年創刊70周年を迎える文芸誌、「月刊おたる」の3月号に寄稿するものです。去年、精力的に活動した朗読「銀河鉄道の夜」との関わりを交えながら、小樽の自然と歴史ある街が、私に無限にくれるインスピレーションの源になっていることを、執筆しながら改めて深く感じていました。芸術家たちが信念をもって文化を深めてきた街を、私も一市民として、ずっと大切に想って、ものづくりをしていきたいと思います。
また、来月刊行されましたら、ご案内させていただきますね。

2022.1.30Classicalの灯り

一月もあと1日で終わりとなりました。
最後の週末は、小樽は冬将軍の到来で、気温も最高がマイナス8度と、厳しい冷え込みでした。

キャンドルの工房も、稼働し始めてから、何日か経ち、この寒さを利用して、作品も着々と仕上がっています。

写真は、週の中頃に出来上がった、札幌のボディーケアサロンClassical様のオリジナルキャンドル。
先日、実際にサロンに伺って、感じたことを、灯りに込めました。

サロンで心身共にリラックスした状態を、お家でもゆっくりと保っていただきたいイメージで、お創りしました。サロンのイメージカラーを基調に、優しい色合いでまとめ、キャンドルの底面は、クラシカルさんのサロンのある、黄色い建物の色合いを組み合わせました。香りは、セラピストチョイスのエッセンシャルオイルをブレンドして、上品ですっきりした印象に仕上げました。キャンドルは、サロンの限定販売となっています。サロンのお客さま達に喜んでいただけますように…。

Classical

札幌市中央区南1条西8丁目10番地 PSYCHE 2F

2022.1.1新年、あけましておめでとうございます。

2022年、はじまりの光。

皆様の健康と、願いが叶う年になりますように。

今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Jun’s Light
米澤 純

2021.12.31年の瀬に寄せて

2021年は、振り返るのにも、じっくりと時間をかけたい年になりました。

自分の今までの歩みを、ひとつひとつ紐解くと、私の創作活動を支えてくださっているお客様をはじめ、個展や舞台をカタチにするために尽力してくださっているスタッフの方々、そして、感性のシャワーを浴び合いながら、共に一つの世界を創り出していくアーティストたちに、心からの感謝と尊敬の気持ちを贈ります。

コロナ禍という言葉が、これからもしばらくは私たちの人生についてまわる日々となりますが、小さな単位でも、どんな時にも、どこにいても、支え合い、想い合える人間関係を、来年も大切にしていきたいと思います。

そして、私の創るものが、皆様の暮らしに、小さな潤いをもたらして、お役に立てれるように、また、日々精進していきたいと思います。

皆様、どうぞお体くれぐれもお大切に、良い年をお迎えください。

2021年、ありがとうございました。

米澤 純

2021.12.29期間限定販売のご案内「灯りの福袋2022」

年の瀬を迎えました。

この冬、お家でゆっくりと、灯りを囲んで、心安らぐひとときをお過ごしいただけたら…との想いで、今年も、「灯りの福袋」を期間限定で販売いたします。(数に限りがございます)

詳しくは、オンラインショップからどうぞ。

2021.12.25クリスマスの盛岡公演

「文学の国いわて」から、
クリスマスに贈るレクイエムー
銀河鉄道の夜。

本日、公演終了しました。
クリスマスの日に、ほぼ満席の、たくさんのご観覧をいただき、心より感謝申し上げます。

いわてアートサポートセンターのスタッフの皆様、おでってホールの皆様、温かなお出迎えと、サポートを最後まで本当にありがとうございました。

アーツライブいわて2021
語りの芸術祭 イン盛岡(12月)
朗読
『銀河鉄道の夜』
宮沢賢治 作

◆12月24日(金)19:00 開演
25日(日) 13:30 開演

◆会場/プラザおでって
    おでってホール

※文化庁 大規模かつ質の高い文化芸術活動を核としたアートキャラバン事業「JAPAN LIVE YELL project」
※主催:公益社団法人 日本芸能実演家団体協議会、アーツライブいわて実行委員会、特定非営利活動法人 いわてアートサポートセンター

TOP