Jun's Light

Jun’s Light | the beauty of transience

お知らせ News

2022.6.1東京トリップ

今日から6月ですね。
北海道は、肌寒い、雨模様の週となりそうです。

さて、5月のラストの二日間、始発と最終便を組み合わせて、東京に行ってきました。
小樽を5:50に車で出て、気づけば10:30には渋谷のハチ公前にいました。東京はこんなに近かったかしら。

今回の二日間は、スケジュールがびっちりの割には、それぞれ一つずつ、ゆっくりじっくり進んだ感がありました。

初日は、Milky Way Projectで朗読「銀河鉄道の夜」を演ずる女優・栗田桃子さんが、出演する、アーサー・ミラーの舞台作品「みんな我が子」の東京公演・千穐楽にいきました。

「〜のために」と大義名分をつければ、何をしてもいいのか。自分さえその理由に納得して、何も問題がなかったように振る舞えば、それで人生は進んでいく。でも、それが招く、家族や友人たちの、「本質的なところで信じ合いたい」存在達が苦しむことは、経済や名声、成功という名の名誉と威厳よりも、人間にとってもっと大きなことなんだと、今を生きる私たちに届くメッセージとして伝わってきました。栗田さんの、真実を知っているのに、そう振る舞っては生きていけない小さなコミュニティーの中で、心に持っているモヤモヤが年数を重ね、人間関係もギクシャクして、だんだんとその人の人間性も少しずつおかしくなってしまっている人物像を、見事に深く演じているのには、本当に感動しました。

そして二日目、11月に予定している、新宿の都庁前、京王プラザホテル東京のロビーギャラリーで個展を開催するにあたり、アートギャラリーの方々や、今回コラボレーションをする、Milky Way Projectで映像担当してくださっている浦島啓さんと、どんな空間をつくろうか、じっくりと話し合いがありました。2016年から隔年で開催してきた京王プラザでの個展は、2020年、コロナ禍でキャンセルせざるを得ませんでした。4年ぶりで同じ空間でできることに、本当に嬉しく、また、前回2018年にあの場所で初めて出会った、今ではコラボレーティブパートナーとしてずっと一緒に取り組めているFrank Weber氏にも、今回の個展の音楽を担当してもらうことになっています。開催に向けて、少しずつまた歩んでいきたいと思います。

そして足取りは、上野の東京都美術館へ。
年明けの発表から楽しみにしていた、スコットランド国立美術館展「美の巨匠たち」を訪れました。
私が、ロンドンで学生時代暮らしていた時から、ずっと愛してやまない、コンスタブルの作品が観れて、そのほかにも、ルネッサンスから19世紀までの時代区分で、ラファエロ、グレコ、ベラスケス、レンブラント、ルノアール、ターナーなど、名だたる巨匠達のまさに競演のような美術展でした。美術展で、いつも気持ちが癒されるのは、時代も場所もタイムスリップして、どんな時代も、この一つの作品を創り出すのに、その人の精神全てを使って、時間をかけて表現しようとした作品から、その人に出会ったような気分になって、過ごせることだと思います。そして、「想像と創造」のエネルギーのシャワーを浴びれること。今回も、心いっぱい満たされて帰路につきました。

小樽の自宅での個展まで、あと16日。
気持ちもすっかりリフレッシュして、また新たな気持ちで皆様をお迎えしたいと思います。

2022.5.29舞台「美しきものの伝説」

5月もあと二日となりました。
来月中旬の個展の準備と同時進行で、今月は舞台美術のためのワックスアート製作に取り組んでいました。

2019年から、文学座の女優・栗田桃子さんと、それまで取り組んできた、宮沢賢治作・朗読「銀河鉄道の夜」が、演出家・鵜山仁さんとの出会いから、新しい世界に生まれ変わりました。コロナ禍でも、2020年、2021年と、公演が叶い、素晴らしいチームワークを形成する機会に恵まれました。

そして、4月。鵜山さんからのご依頼で、舞台「美しきものの伝説」のラストシーンの背景を描いてもらえないかと、光栄なお話をいただきました。

時代背景は、110年前の大正時代。
登場人物が、「モナリザ…、ということは、この人は、平塚らいてうのことかしら、この人は伊藤野枝。」というように、本当に実在した人たちの、その時の肌感覚をとらえようと、夢中で台本を読み進めました。歴史の教科書にも出てきた、「大逆事件」。自由な意志と責任、勇気と信念を持って生きようとした人々の姿が、切実に伝わってくる物語。世界情勢が未だかつて無いほど不安定で混沌としている今こそ、そのもとで生きる私たちの心に、痛烈に届くメッセージがあると思いました。

情景に出てくる「コスモス」の存在と、意味を、深く考えた5月になりました。

公演は、6/16(木)〜26(日)です。お近くの皆様、ぜひご覧いただければ幸いです。
詳しくは、下記をご覧ください。

新劇交流プロジェクト2

「美しきものの伝説」

作  宮本 研
演出 鵜山 仁

2022.6/16(木)〜26(日)
俳優座劇場 (六本木)

[チケット取扱い]
● 東演チケットセンター
チケット予約はこちら
TEL: 03-3419-2871
● ローソンチケット
● チケットぴあ

取り組んだラストシーンのワックスアートは、どれもコスモスがモチーフになっています。

平和を願う花でもあるコスモス。

2022.5.10個展会場「駐車場」のご案内

5月もあっという間に、二桁になりました。
連日、個展のご観覧のお問い合わせやご予約をいただき誠にありがとうございます。

今日は、お車でご来場の皆様に朗報です。
会場となる自宅のお隣の空き地に、お車二台分の駐車スペースを確保いたしました。

これからご予約予定の皆さまは、ご予約時の返信メールに、会場の周辺地図をPDFファイルにてお送りいたしますので、ご安心くださいませ。念の為、ご予約時に、お車でご来場の旨を記して頂けましたら幸いです。

お問い合わせ・ご予約はこちら

それではどうぞよろしくお願いいたします。

2022.5.8個展のご案内:「小樽の家で、灯す」(その一)Beacon of Light

ずっと前から、いつか、灯りの街・小樽の自宅で、キャンドルを灯しながら個展ができたら…と、構想を繰り返してきました。

2022年、北海道の夏。

もうすぐ夏至のころ、
壊れやすい、消えていくものとの境界線を、
灯りとワックスアートで表現していきます。

消すことのできない平和と、希望と。

Jun’s Light 米澤 純

協力:
KIM Glass Design 木村直樹 (吹き硝子)
佐藤かずき&トキワミドリ(装花)
Frank Weber (音楽)

個展
小樽の家で、灯す。(その一)
Beacon of Light

会期:
2022 6/17 (金)〜20(月)
(11:00〜19:00)

会場:
北海道小樽市最上2丁目23-6
※できるだけ、ごゆっくりと、安全に安心してご観覧していだたくために、完全ご予約制とさせていただきます。
ご来場される日時がお決まりの方は、下記のメールアドレスより、ご予約をお願いいたします。
(お名前、ご来場日時、ご連絡先を明記のこと)Jun’s Lightからの確認メールにて、ご予約完了となります。ご予約時に、最寄りの目印、駐車場(会場隣の空き地2台分ご利用いただけます)、交通手段などをお知らせいたします。

お問い合わせ・ご予約はこちら

ご来場の皆さまへ
新型コロナウィルス感染拡大防止についてのお願い
●ご来場の際は、「マスク着用」「手指消毒」「検温」をお願いいたします。
●発熱や体調不良などの症状のある方は、ご来場をお控えください。

2022.5.7制作の日々

ゴールデンウィークも終盤。
個展に向けて、少しずつ準備を進めています。
今回、ワックスアートでモチーフにしているのは、昨年京都に滞在していた際、学んだ日本の紋様たち。
個展のテーマである、「壊れやすい、消えていくものとの境界線」を想像したときに、緊張感の中に人間が見出す心の拠り所や、平穏さを無意識に辿っていくと、この紋様たちにたどり着きました。

画像にあるのは、制作中の、「九曜紋」からインスピレーションを受けたものです。
人の繋がりや、育てていく関係性、不安から生まれる祈りに結びつくまでを表現しました。
ひとつひとつの過程を大事に、創作していきます。

個展
小樽の家で、灯す。(その一)
Beacon of Light

会期:
2022 6/17 (金)〜20(月)
(11:00〜19:00)

会場:
北海道小樽市最上2丁目23-6
※できるだけ、ごゆっくりと、安全に安心してご観覧していだたくために、完全ご予約制とさせていただきます。
ご来場される日時がお決まりの方は、下記のメールアドレスより、ご予約をお願いいたします。(お名前、ご来場日時、ご連絡先を明記のこと)Jun’s Lightからの確認メールにて、ご予約完了となります。(ご予約時に、最寄りの目印、交通手段などお知らせいたします。)

お問い合わせ・ご予約はこちら

協力:
KIM Glass Design 木村直樹 (吹き硝子)
佐藤かずき&トキワミドリ(装花)
Frank Weber (音楽)

ご来場の皆さまへ
新型コロナウィルス感染拡大防止についてのお願い
●ご来場の際は、「マスク着用」「手指消毒」「検温」をお願いいたします。
●発熱や体調不良などの症状のある方は、ご来場をお控えください。

2022.4.28海からの灯り、積丹ブルー。

小樽の灯り「積丹ブルー」のキャンドルを創りました。
これは、運河沿いの小樽百貨UNGA↑(うんがぷらす)さんとのコラボレーティヴ作品となっています。

積丹を訪れるたびに
心に残る、海の色たち。
エメラルドグリーンにも見える、深いブルーにも見える、時には元気に、寂しくも見える海の色。
光を灯すと透明感と清涼感、そして力強さを与えてくれるイメージで創りました。

積丹ブルーを販売しているうんがぷらすさんはこちらからどうぞ。

2022.4.23Life is Beautiful

小樽の海。
水平線が、今日の天気を占ってくれるような、春の海の景色になりました。

先日は、その小樽の海を絶景に望むサロン、Luxes(リュクシス)さんが、札幌の景色が素晴らしいマンションに、”Second Living”という、お客さまとの共有スペースを新たに創設されました。

代表の九島厚子さんとは、もう10年くらいのお付き合いで、サロンの5周年記念のイベントに記念キャンドルを制作させていただいたり、形は違うけれど、皆様の人生の心のオアシスの大切な一部、”Wellness”のお役に立てるように、お互いに刺激し合う大切な方です。

先日打ち合わせで九島さんのSecond Livingをお伺いした際、特にコロナ禍、自粛生活が長い中で、どうしたら皆さんと心と心を繋ぐコミュニケーションをとって、どのように関係性をじっくりと深めていけるか、様々な形でじっくりと過ごしてこられたと、お聞きしました。

とても共感するお話。会えない人たちのことをサポートし、サポートされる。
今回ご依頼いただいた、Second Livingのテーマ、お客さまの人生に寄り添った”Life is Beautiful”というコンセプトを、九島さんの大好きな大理石のホワイト、グレー、そしてゴールドの色調で、灯りをお創りいたしました。

心のセカンドリビングを照らす灯りとして感じていただけますように。

2022.4.15小樽の潮

先日は、ミーティングで銭函まで20分、車を走らせました。
気持ちのいい海風と、波が静かに景色を作っていていました。
小樽に暮らして、海も山も近くにあることは、本当に贅沢な気持ちにさせてくれるし、少しの気象の変化も、大きな自然を前にして、受け入れるようになるというか、自然の力はすごいなと改めて思った瞬間でした。

銭函は、海岸線に位置する小樽のまち。潮の風が強いことから、建っているお家も、錆びやすくなっているのが目に映りますが、それも、町の魅力にもなっている気がします。すぐに海に向かって駆けっていける、ビーチの近さ。遠くに見える小樽の祝津岬。札幌に近いのに、はっきりと、札幌市ではない、小樽市に来たことを感じさせてくれる町です。

写真にあるキャンドルは、その小樽の「潮」をイメージした濃紺のキャンドルです。どっしりとした、荒々しくも、灯すと、どこか包み込んでくれる優しさに溢れるキャンドルになればとデザインしました。
小樽運河に沿った、ギャラリーショップ、UNGA↑(うんがぷらす)さんでお取り扱いとなっています。
画像の奥に灯っている灯りは、同じシリーズの、「浪漫」。もうひと種類は、「石畳」と題して、歴史を感じる小樽ならではのエッセンスを捉えたラインナップとなっています。うんがぷらすさんは、北前船の時代に思いを馳せれるような品揃えで、パッケージも素敵でとても定評があるショップです。
UNGA↑(うんがぷらす)
ぜひ一度いらしてみてくださいね。

2022.4.10日曜の朝

早朝の小樽。
だいぶ暖かくなってきたので、少し肌寒くても、起きてすぐに、寝室の窓を開けて空気を入れ替えするようになりました。
空を見ると、どんより曇っていたので、気持ちもなんとなくしっくり来ず。
もっと寝れたのですが、スッキリしたくて、パジャマのまま工房に行き、エプロンをつけて、昨晩から製作していたキャンドルの型だしをしました。型から出すと、鮮やかなビタミンカラーが目に飛び込んできて、エネルギーがどこからかぐんぐん出てきて、そのまま仕上げまで7時までに終えてしまいました。色の持つパワーが、どんより雲色の気持ちをシャキーン!とエネルギッシュなものに変えてくれたみたいです。
あっという間に発送も終わり、もうすぐ札幌のライフスタイルショップ、YUIQさんの店頭に春の灯りが並びます。
ビタミンカラーで、少しでも元気な色が皆様にエネルギーを差し上げられますように!

2022.4.8新学期

我が家では、娘の高校生活2年目が始まりました。
札幌の高校まで、朝は5時半起き、1時間45分の道のりをバスとJRと地下鉄を乗り継いでたどり着く毎日ですが、特にこの冬を乗り切ったので、春の早起きは、明け方の気持ちの良いひとときとなっています(少なくとも私は…笑)。

自分が16、17歳の頃を思い出すと、今の子達のように、携帯なんてものはなかったし(我が家は相当長い間、黒電話でした)、大好きな音楽も、Apple Musicのファミリー共有の聞きたい放題なんてものはなく、こだわりのカセットテープに、自分のベスト盤をダビングして作って、レタリングでカセットにも”the best of …”を作ってお友達にプレゼントしたり…。本当に時代は変わりました。

それでも、よく娘といろんなことを話すと、若い高校生たちも、アナログを意識してコミュニケーションをとっていたり、長引くコロナ禍で、マスク着用のダウンサイドも感じながら、人とどうやって深く付き合っていけばいいのか思い悩んだり、共感することがたくさんあります。特に、戦争のことは、とてもリアルに受け止めているように見受けられます。歴史の教科書で学んできたことが、今まさに起こっていて、戦時下になると、人の精神が恐怖と抑圧に支配され、命が軽んじられ、深い悲しみと憎しみが癒えることなく続く状況を、毎日のニュースから学ぶ日々。難しい時代だけれど、一つずつ丁寧に一緒に歩んでいきたいと思いました。

SBCA0510

TOP