Jun's Light

Jun’s Light | the beauty of transience

ブログ Blog

2021.7.20小樽の夕涼み Evening cool in Otaru

連日の猛暑、小樽でも本格的な夏がきました。
例年は、気温が30度を超えることはほとんどなくて、26度くらいになると、「今日は暑かったねー!」という感じなので、今年は、側にある天狗山の緑も、いつもより力強く風に揺られている気がします。
小樽の街では、最近ガラス職人さんがつくった風鈴の音が響いています。今日は、一歩も外に出ず、自宅でずっと作業をしていたので、夕涼みは、我が家にある直径40センチの大きな浮き玉の側でキャンドルを灯しました。私は、小さい頃からずっと、リサイクルガラスや浜辺に流れ着くガラスの破片の色が大好きで、あのなんとも言えないぽってりとしたターコイズブルーをみると、気持ちが落ち着きます。特に夏は、暑さで気持ちがアクティブになりすぎてしまっていることが多いので、クールダウンするには欠かせない色です。
今週は、オリンピック開催。複雑な気持ちというよりは、毎日起こるいろんなことが、自分自身の様々なことに対しての感覚や価値観を確かめさせてくれる数ヶ月だったと思います。勇気を持って、自分の意見をはっきりと表現したりすることは、特に日本に生きる私たちにとって苦手なことかもしれないけれど、一人一人の心にある、不動なるものには、一過性の感情や、出る杭にならないようにする言動や態度に巻かれないようにしたいと思いました。

It’s been such hot summer days in Otaru this year. As I live in the foot of Mount Tengu, the color of foliage seems to be much densely green than ever.
Today was really hot again in Otaru and I didn’t go outside but stayed home to do some creations. So I decided to light my candles with a big 40cm-diameter handblown floating glass, made in Otaru. The color of recycled glass which often is seen as turquoise blue, has been my all time favorite color for relaxation, especially during the summer season. Maybe because we get so active in summer, I unconsciously might have sought that color to chill out myself.
Then finally…the Tokyo Olympic games are coming this week. It is just more than overwhelming to realize that it is actually happening under the circumstances. Looking back these several months, I think the situation and everyday news have put me verify what my perceptions and value system really are for so many things. I also realize that as a Japanese, sometimes it is very hard for us to speak up individual perspectives in an articulate manner, and we are afraid of being “a nail that stands” because it might be hammered down by our collective social values. I believe each of us, have learned so much already, just by being living under pandemic, what really stays “still like a rock” within our true self… I hope you understand what I am trying to reach…

2021.7.137/17より「へそまがり日本美術展」が開幕!Opening Perverse Japanese Art Exhibition in Sapporo


あっという間に、今週末7月17日より、北海道立近代美術館にて、「へそまがり日本美術展」が開幕します。
Jun’s Lightは、展覧会の灯りを、光栄にも製作担当することになりました。

江戸時代からの、様々なウイットに富んだ美術を現代の私たちに届けてくれる展覧会。テーマをどうしようかと、悩んだ結果、江戸時代によく描かれたへそ曲がりの曲線を見ているうちに、ふと、「へのへのもへじ」が頭に浮かんで、ひらがなの曲線そのものが、面白い気持ちにさせてくれることは、もしかしたらへそ曲がりになるかもしれない、と思い始めました。そこで、いろんな歴史美術の文献を探りました。そうすると、歌川広重(江戸時代の浮世絵師)の「新法狂字図句画」に、侍の顔が「へへののもへいじ」のひらがなを使って表現されていて、私たちのよく知る「へのへのもへじ」の原型なのではないかという説が濃厚だと確認できました。

キャンドルに、毛筆の墨色で描いた「へのへのもへじ」。試作品を主催者側にお見せするときは、いつも緊張するけれど、今回は、受け入れてもらえるかどうか、いつもの数倍も緊張してお持ちしました。皆さんのリアクションは、予想を遥かに超えて面白がってくださって、「やったー!」と思いました。
そして製作したキャンドルは、約70個。一つ一つのキャンドルの表面に描くたびに、思わず微笑んでしまいました。ひらがななのに、人相がとっても豊かに出て、個性豊かな展覧会の灯りが出来上がりました。

展覧会の灯り へそまがり日本美術展
「へのへのもへじ」はへそまがり 
“He-no he-no mo-he-ji”
江戸時代からずっと現代に至るまで、書く(描く)時思わず微笑んでしまう「へのへのもへじ」と、展覧会のへそまがり美術に多くみられる、筆の曲線を組み合わせて、へそまがりキャンドルを制作しました。「へのへのもへじ」の他にも、「へねへねしこし」や「へめへめしこし」だったり、個性豊かなお気に入りが見つかりますように。

Lights to celebrate a great art exhibition, “Perverse Japanese Art”.
I featured “He no he no mo he ji”, which originated in the mid-Edo period up until the modern era, which consists of seven Japanese hiragana characters grouped together to look like comic picture of a face, then combined with particular brushing strokes found in old Japanese perverse art. As each of Japanese hiragana characters look differently, impressions of facial features change as you use different characters in their eyes. Writing “He ne he ne shi ko shi”, for example, would look as if it is a face of a little girl, while the original “he no he no mo he ji” would look like a face of an middle-aged man.

へそまがり日本美術
禅画からヘタウマまで
ーきれいとは言いがたいもの、不恰好で不完全なものに、なぜか心惹かれるー
Perverse Japanese Art:
From Zen Painting to Heta-uma

2021 7/17(土)〜9/1(水)
北海道立近代美術館
Hokkaido Museum of Modern Art

へそまがり美術展の詳細はこちらをご覧ください

2021.7.6ヴァーチャルギャラリーをオープンしました。Opening my Virtual Gallery (7/7 – 31)

様々な状況の中で、今回個展に来られなかった皆さまへ、期間限定でオンラインの個展「Solitude」をオープンしました。(英語のサイトとなります)
今回個展のために、書き下ろしたFrank Weber氏作曲の音楽も、いくつかの作品のそばにあるプレイマークを押すとお聴きいただけます。お楽しみいただけますように…。
ご覧いただく際に、ブラウザを”Chrome”で開けるとよりスムースなようです。
なお、作品に関するご質問やお問い合わせは、メールのマークを押していただくと、お問い合わせフォームになります。お分かりにならない場合は、このホームページのお問い合わせからもお気軽にご連絡くださいませ。

Annoucing that I have opened my Virtual Gallery to exhibit my works on the theme “Solitude”! The exhibition was just closed last week in Sapporo. I hope for those of you who missed my solo exhibition last week can visit this site, which also includes music exclusively created for the theme by Frank Weber. The gallery will be opening until the 31st of July. There, you can click mail symbol to make inquiry on my art. Hope you enjoy my virtual show!

2021.7.3個展終了 Closing my exhibition tonight

本日を持ちまして、個展Solitudeは終了いたしました。
会期中、本当に沢山の皆さまにご来場いただきました。心より、深く感謝申し上げます。また、感染症対策にも、ご協力をいただきありがとうございました。

ご来場くださった方々から、様々なお話しを聞く中で、共通していたことがありました。それは、「昨年からずっと続いていて、中々直ぐには明けることができない状況を、どう自分なりに向き合って、なるべく自然体に過ごしていくか」ということでした。それには、自分自身の中でのいろんな対話をされているんだな、という印象をもちました。

この個展を通して、皆さまが大切にしている「独りの時間」に、そっと光を当てることができていたら嬉しいです。

ギャラリーの空間演出を有機物と音楽で包んでくれた二人のアーティスト、En priereの佐藤かずきさん、Frank Weber氏。彼らとのクリエイティヴパートナーシップ、私の宝物です。これからもじっくりと育てていきたいです。

このような状況下で、昨年の個展開催キャンセルを経て、半年以上前からずっとご協力くださいました、大通りビッセのマネージメントオフィスの皆様、大変お世話になりありがとうございました。

また、9Bデザインの倉橋寛之さん。個展のイメージデザインをポスターとカードに表現してくださいました。

最後に、私のエネルギーの源、家族と友人達に…そして、長年のコラボレーティヴパートナー宮平桐さん。個展の為に、コスチュームにオートクチュール刺繍を施して、会期中も会場で私のアシスタントに徹してくださいました。心から感謝申し上げます。

どうぞ皆さま、お身体に気をつけて、心穏やかな夏の日々になりますように。
ありがとうございました。

Jun’s Light
米澤 純

Closing my solo exhibition “Solitude” tonight.
I would like to express my deepest gratitude to all the visitors and also being supportive remotely.
I hope my show may bring you a moment to light up your heart in solitude.

Special thanks to:
My collaborative creative partners, Kazuki Sato for flower arrangement, Frank Weber for his music exclusively created for the show.

Kiri Miyahira, for designing and creating beautiful costume embroidery work for me to wear and being incredibly supportive assistant during the show.

Hiroyuki Kurahashi of 9B Design, for creating promotional posters and invitation cards.

All the staff of Odori Bisse management office for supporting me to make this exhibition take place.

My family and friends for giving me infinite love and support. Love you guys as always.

Jun

個展「Solitude」

2021.7.2明日は最終日

6月30日から始まった大通りビッセギャラリーでの個展。
今回は、4日間の短い開催ですが、初日から、本当に沢山の皆さまにご来場をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
何よりも嬉しいのは、各々皆さまが、じっくりとゆっくりと空間に浸ってくださっていること。言葉はなくても、音楽の調べと共に、「独り」の時間をゆったりと過ごしていくださっています。
明日は、最終日。お近くにいらっしゃることがございましたら、是非お立ち寄りくださいませ。

個展 Solitude
会期: 2021.6.30 – 7.3
(11:00-20:00終日在廊)
会場: BISSE GALLERY (札幌大通りビッセ3F)
札幌市中央区大通西3丁目7番地

個展「Solitude」

2021.6.29いよいよ明日はオープニング。Finally the opening day tomorrow…

いよいよ、個展が明日、オープニングを迎えます。静かに、ちょっとした緊張と、何かがじわっと柔らかく満たされる気持ちです。

今回の個展は、約一年半の時を経ての開催。

私たちは、じっと、常に自分の心をどこかに置いて、均整を保ちながら、なるべく自然体になろうと過ごしてきたと思います。

ゆっくりとあたためてきた作品たちに囲まれて、皆さまの「独りの世界」に光を当てられれば嬉しいです。

個展「Solitude」開催に向けて、ギャラリーを有機物と音楽で包んでくれる二人のアーティスト、En priereの佐藤かずきさん、Frank Weber氏の空間演出も、是非お楽しみください。

Finally…tomorrow is the opening day of my solo exhibition “Solitude” in Sapporo, after almost 1.5 years since I had the last one. I am a bit nervous but at the same time, I am feeling that something deep inside of me is gently being fulfilled.

I think that many of us in this world, might have been experiencing a life of somewhat being “stuck” under the given circumstances. Then we try to put ourselves in a place where we can balance between the realities and how we feel and think about things as naturally as possible…leading to have lots of internal conversations within ourselves…in solitude.

I hope my works may light up your heart.

My sincere appreciation to my collaborative partners, for their creative contribution to this exhibition;
Kazuki Sato for her beautiful arrangement with organic materials;
Frank Weber for his music exclusively and improvisationally created for the theme “Solitude”.

I will see you there!

個展 Solitude
会期: 2021.6.30 – 7.3
(11:00-20:00終日在廊)
会場: BISSE GALLERY (札幌大通りビッセ3F)
札幌市中央区大通西3丁目7番地

[ご来場の皆さまへ。新型コロナウィルス感染拡大防止についてのお願い]

ご来場の際は、「マスク着用」「手指消毒」「検温」をお願いいたします。
発熱や体調不良などの症状のある方は、ご来場をお控えください。

個展「Solitude」

2021.6.20ホームページリニューアルのごあいさつ

2021年6月20日。
去年の夏からずっと温めてきた、ホームページリニューアルが、本日オープンを迎えました。
これまでは、何でも、なるべく早く、タイムリーなものを意識して、SNSをはじめとするオンラインの中でのコミュニケーションに比重をかけてきた自分がいました。
でも、このリニューアルのプロジェクトは、本当にゼロから、自分の今までとこれからをじっくりと見つめて、少しずつ、私の本来の流れのスピードを感じ確かめながら、デザイナーさんとプログラマーさんと共に、現在進行形で創っていく世界となりました。いくつかのコンテンツは、まだ制作中となっていますが、時折、何か変わっているかな、と覗いてみてくださいね。

このプロジェクトを始める時から、温かくて自由で、鏡のような存在でいてくださっている9Bデザインの倉橋寛之さん、cruller佐々木さんのご尽力に、この場をお借りして感謝申し上げます。
そして、これからも、皆さまの心に近くなれるように、日々精進していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

米澤 純

Welcome and thank you for visiting me at Jun’s Light.

Here I am, finally…
Today is the opening day for renewing my website as Jun’s Light. It’s been a big ongoing exciting project for me since the last year…there in 2020, I was not able to hold any of my solo exhibitions to display my works in person under the pandemic circumstances. But the situation actually had guided me be able to have a lot of thinking processes of what I would do for the next years to come as an artist.

I looked back my way of living in so many ways.
I am truly grateful for what I have received such wonderful opportunities to cultivate my world of artistry over the years. I deeply feel humbled to be able to express human nature in a form of art.

Living with this totally unexpected situation that is shared universally, I also realized that I had not been spending enough time for my internal self. It had almost always been the case where I would just follow this “routine” in which I would schedule my next exhibitions and create works by then. Always, I used to put myself “due” on something. With being occupied with updating my postings and keeping in touch with communications with others….constantly. Now I think of, that particular speed of multitasking things had eventually brought me a great sense of exhaustion.
So, I decided to be living under water for a long time. It was totally fulfilling experience to give myself plenty of silent time and space…being in Solitude.

Gradually, I started to reorganize my routine works and renewing my website was one of them.
I met this incredibly talented designer, Mr. Kurahashi and a web programmer Mr.Sasaki. Their friendly manner and professional advices have led me “feel” the nature of myself as an artist again and “learn” about what I have done and how I would like to go from there…and more than anything, I was so happy to be creative with them as a team. Although there are pages that are still under constructions, I would like to show my process of cultivating my world in online settings in more naturally gentle pace…just like growing melting wax pool in a candle light.

These are some of the contexts on this website that are going to be available soon:

Arts Meet Music
Milky Way Project (Theater project)
Virtual Gallery
Archives of collaborative works for Museum Art Exhibitions

Hope you enjoy visiting my new website from time to time, and I would be delighted to hear from you!

Best Wishes,

Jun Yonezawa

TOP