google-site-verification=NLdlvnEunKB5v6x7fKg5evfz2sb1oWMHz1TsibbTUi4

余市、春の空

IMG 8154.JPG

今日は、久しぶりに休みをとりました。

来週の今日は、子どもたち、それぞれの旅立ちの日。

しばらく息子とは会えなくなるので、彼の大好きな余市にドライブをしました。最近我が家のボーイズチームが見つけた、余市では珍しい、いろんな果物が売っているフルーツ専門のお店は、あいにくお休みでしたが、その代わりに、余市から仁木へ抜ける途中に見えるワイナリー巡りをしました。ちょうど空は、春の暖かさが感じられるくらいの太陽の強さで、だいぶ融けた雪原を優しく照らしていました。

余市にいくと、人々の暮らしが、自然と住む人たちの努力によって、お互いに歩み寄りながら開かれていることが感じられるというか、なんだか優しい気持ちになっておうちにいつも帰ってくるような気がします。多分、余市という場所が好きで、もともと住み始めた人も多いだろうし、住んでいるうちに、豊かな山の自然と美味しい水、日本海からの海の恵みにすっかり魅了されてエネルギッシュにいきている人も少なくないと思います。

一つ一つの風景に、自然の美しさだけでなく、人々の暮らしが感じられる街。函館方面に続く線路の向こうを見ながら、今日はたくさんインスピレーションをいただきました。

© Jun’s Light 2020