google-site-verification=NLdlvnEunKB5v6x7fKg5evfz2sb1oWMHz1TsibbTUi4

製作の日々

IMG 0250.jpg
IMG 8049 2.jpg


今年は本当に雪が少なくて、先日娘が小樽の天狗山スキー場にお友達と出かけたら、雪がない斜面があって滑るのがちょっと大変だったといっていました。小樽でも比較的雪深い地域に我が家はあるので、いつも気を引き締めて冬を迎えるのですが、今年は少し肩透かしなかんじです。そんな中、ここ数日は家に篭って1月25日から札幌芸術の森美術館ではじまる「みんなのミュシャ」展の展覧会の灯りを製作しています。今回は下記の3作品を出品予定です。(画像は「アラベスク」です。)

·         曲線の物語 “Language of Lines”

ミュシャ作品の主題が、心地よく響き「読み解く」視覚的誘導を担った曲線を、「ジョブ ”JOB”」 (1896年)からインスピレーションを受けて創りました。

·         アラベスク “Arabesque”

「ミ ュシャ様式」が出来上がるまで、ミュシャが受けた様々な文化圏に見られる装飾美術からの影響の一つ、幾何学的アラベスク模様。モナコ・モンテカルロ “Monaco Monte-Carlo”(1897年)のポスターの色調に絡めて創作しました。

·         ミュシャと私 “Mucha and Me”

どこまでも澄んだ眼差しの奥に見える深い信念。ミュシャの絵画を初めて観たのは、2014年春の展覧会「ミュシャ展 パリの夢、モラヴィアの祈り」でした。展覧会では、作品を追いながら、混沌とした時代にこそ、破壊するのではなく、人々の融和と平和の建設を願ったミュシャ像を私の心に焼き付けました。イラストレーターとして一斉を風靡した、華やかで優美な装飾様式を咲かせた時代から、人々のために、スラブ民族の独立と祖国建国を心から願うミュシャの想いが、あのスラブ叙事詩の大作を生むに至ったことに深く感銘を受けました。

今回の展覧会「みんなのミュシャ」3作目の灯りは、「ミュシャと私」と題して、先が直ぐには見えにくいスモーキーブルーに確かに存在する銀色の幾何学と円のモチーフを、ミュシャの描いた普遍的な人間の心の情景として捉えて創りました。火を灯して浮かび上がるミュシャの信念を感じていただければ幸いです。

© Jun’s Light 2020