google-site-verification=NLdlvnEunKB5v6x7fKg5evfz2sb1oWMHz1TsibbTUi4

みんなのミュシャ展

次へ
IMG 0608.jpg

ミュシャと私 Mucha and me

どこまでも澄んだ眼差しの奥に見える深い信念。ミュシャの絵画を初めて観たのは、2014年春の展覧会「ミュシャ展 パリの夢、モラヴィアの祈り」でした。展覧会では、作品を追いながら、混沌とした時代にこそ、破壊するのではなく、人々の融和と平和の建設を願ったミュシャ像を私の心に焼き付けました。イラストレーターとして一斉を風靡した、華やかで優美な装飾様式を咲かせた時代から、人々のために、スラブ民族の独立と祖国建国を心から願うミュシャの想いが、あのスラブ叙事詩の大作を生むに至ったことに深く感銘を受けました。

今回の展覧会「みんなのミュシャ」3作目の灯りは、「ミュシャと私」と題して、先が直ぐには見えにくいスモーキーブルーに確かに存在する銀色の幾何学と円鎖のモチーフを、ミュシャの描いた普遍的な人間の心の情景として捉えて創りました。火を灯して浮かび上がるミュシャの信念を感じていただければ幸いです。

Mucha and me

The purpose of my work was never to destroy but always to create, to construct bridges, because we must live in the hope that humankind will draw together and that the better we understand each other the easier this will become. -Alphonse Mucha

Inspired from his ultimate collection of the Slav Epic, Muchas devotion as an artist for the slav people and civilization has always stayed deeply in my heart since I for the first time met his works at the exhibition in 2014. Creating a color of smoky blue vaguely but surely highlights geometric wheels and chains motifs in silver as HOPE ... one of Muchas universal themes shared to all human beings. 

Lights to celebrate a great art exhibition, Timeless  MUCHA - Mucha to Manga - The Magic of Line. 

「みんなのミュシャ」 ~ミュシャからマンガへ~線の魔術

会期: 2020125日(土)~412日(日)

会場:札幌芸術の森美術館(札幌市南区芸術の森2丁目75番地)

参考資料: 図録Timeless Mucha アルフォンス・ミュシャ <JOB>部分 1896年 <舞踏ー連作(四芸術)より>部分 1898年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©︎Mucha Trust 2019

© Jun’s Light 2020